01住宅ローン金利について

新しく住宅を購入する場合には、多くの方が住宅ローンを組むと思われます。私も新築一戸建ての住宅を購入する際には、住宅ローンを組みました。住宅ローンを借りる上で持っておかないといけない知識として金利があります。金利にはそれぞれ種類があり選び方によって将来的な利息の返済額が多くなるか少なくなるか変化します。実際にどのような金利があるかと言うと、固定金利と変動金利です。固定金利と変動金利の違いは、まずは固定金利があります。固定金利の中でも全期間金利が固定されるタイプと当初何年固定といった年数が決められたタイプがあります。固定金利のメリットとしては、返済がすべて終わるまで金利が変動しない点です。一定の金利のため返済額が上がったりせず安心した返済をしていく事ができます。デメリットとしては、金利の利率が高いため利息の負担が増えてしまうことです。一方で変動金利ですが、名前の通り金利の利率が変動していきます。変動するため利率が上がり返済額が増えるリスクもあります。しかし、低金利時代の現在では元の金利が低いためとても魅力的です。金利について知識を持ったうえで住宅ローンの選択をする必要があります。